クレジットカードの信用について

Pocket

こんにちは、テックです。
今日はクレジットカードの話ですが、以前、クレジットは借金ではないよ。というお話をしました。

以下は一つの考えとして、読んでいただけると幸いです。

まずここでは信用とは何を定義しているかというと、利用可能枠になります。

利用可能枠は最低で10万円のところが多いかなと思います。
この額でも足りるという人もいるかもしれませんが、生活費全てをクレジットにした場合や、高額な商品を購入した時に間違いなく足りなくなります。

また10万円とは大学生が親の了承なしにクレジットカードを持つ場合の額でもあるため、信用は低いと思います。

次に30万円。この額は、大学生が親の了承をもらってカードを作る場合に多い額です。この額もまだ信用が低いと言えるでしょう。

30万円を超えて、60万円、80万円になって、一般のサラリーマンに多い利用可能枠かと思います。

だいたい一般のクレジットカードは100万円〜200万円までが最高額です。

それ以上はゴールドカード以上が必要になってくるでしょう。

それでは、最高額まで上げていくにはどうすればいいでしょうか?

高額な商品を単発で購入するだけでは駄目です。
高額な決済を継続的に行う必要があるのです。

カード会社はたくさん継続的にクレジットを使ってくれる方を優遇します。

毎月の生活費を全てクレジットで払えば、信用は簡単に上げることができるでしょう。

一番やってはいけないのが支払いを遅れることです。
お金にルーズな人はクレジット会社から嫌われます。

ルーズな人でクレジット会社に好かれるのは、リボ払いぐらいでしょう。手数料収入が入るので。

支払いは遅れずに、たくさん使うことを意識しましょう。
しかし、本当に必要なものだけです。無駄遣いは駄目です。

自分の利用可能枠が上がっていくのは見ていて嬉しいものです。
複数枚クレジットを持っている場合は、利用可能枠の調整をしたほうがいい場合もありますが、一枚のみの場合はほとんど不要でしょう。

クレジットカードに否定的な人もいますが、それは使う人次第です。使う人が自己管理できなければ、クレジットカードは悪にもなります!

信用を上げることを楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました