人生をかけて本当にやりたいこと

Pocket

こんにちは、テックです。

仕事とプライベートどちらが大切か考えたことありますか?

ここでの仕事の定義は、会社に雇われて働いている仕事のことであり、自分の意思で行っているビジネスは含みません。自分の意志で行っているビジネスは、プライベート同様と考えています。

会社に雇われて働いている仕事は、どんなにその仕事を頑張っても、60歳で終わりです。

これまで会社のために自分の時間を削って働いてきたのに、突然、自分の仕事がなくなってしまい、会社だけで繋がっていた人間関係は退職したことで希薄になり、肩書は消えます。

これまでがむしゃらに働いてきて、今、自分が本当にやりたかったことはなんだったのかと悩むようになる方もいるでしょう。

それがなぜ起こるのか・・・・

自分の頭で自分の人生について本気で考えることがほとんどなく、会社から与えられた役割、仕事をこなしてきたことが理由です。

自分でビジネスを行っている人は、会社員の何倍も自分の人生について考えてきた方が多いです。その上、定年もないため、がむしゃらに働いても、人間関係も、仕事のスキルも蓄積されやすいです。

会社で働く人すべてではありませんが、会社に依存しきっている人が多いです。

依存しきってしまうと、自分の人生さえも、会社に任せてしまい、「思考停止」に陥ってしまいます。

思考停止から抜け出すには、より一層、仕事が終わった後は、自分の人生について見つめ直す時間を用意しなければなりません。

また、死ぬ間際に、「あれだけ一生懸命に働いてきた自分は何だったのか、もっと自分のやりたいことをやっていればよかった。」と言われる方が多いという記事を目にしました。

いつ人生が終わるかは誰にも分かりません。

いつ終わっても後悔しない人生にするためにも、日々、人生について考える時間を作り、行動していくしかありません。

明日、いや来年、やろう。ではなく、「今日」やるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました