先読みで時間を管理する

Pocket

こんにちは、テックです。

あなたは、時間を管理できますか?

そもそも、時間を管理するとはどういうことなのかと思ったことはないでしょうか?

結論、時間を管理する=自分を管理するということです。

時間はどんな人でも1日24時間と決まっています。

これは、絶対に変えることはできません。

それでも、一人ひとり一日の過ごし方によって、一日の間にできることは人それぞれ変わってきます。

それは、自分自身を管理できているからです。

自分自身を管理できていない人は、時間の先読みがまったくできていません。

例えば、

●時間を管理できていない人(例)

▲タイムスケジュール

・8時:起床と同時に家を出る(通勤時間:約1時間)

・9時:出社=出勤時間

▲考え方

「明日は、9時出勤で、通勤時間はだいたい1時間ぐらいだから、起きるのは8時で大丈夫だな。」

●時間を管理できる人(例)

▲タイムスケジュール

・6時:起床(朝の支度:30分、自由時間:30分)

・7時:家を出る(通勤時間約1時間)

・8時:会社に早めに到着(もしくは、近くのカフェで自己学習:1時間)

・9時:出勤時間になる

▲考え方

「明日は、9時出勤か。朝の支度の時間と通勤時間とあと、時間に余裕が欲しいから、

朝は毎日同じ時間(6時)に起きて、通勤時間が1時間だから、出勤1時間半前ー2時間前(7時、7時半)に家を出て、会社かカフェで読書か勉強をしておこう。」

このように、考え方や行動が違います。

ギリギリに行動すれば、電車が遅れるかもしれませんし、忘れ物をしてしまうなど、トラブルが起こることは想定できるはずです。

時間には必ず「余裕」が必要です。

先読みする思考ができていないから、自分自身を管理できないのです。

これは、締切のある仕事を「まだ期限がある。」と思ってギリギリまでやらないのも同じです。

その仕事がどのぐらいで終わるか。完成するまでに途中でトラブルが発生するかもしれない。ということがまったく予想できていないということです。

行動する前にすぐに先読みして、余裕を持って完了させてしまう。ということができないと仕事やビジネスをする以前の問題になってしまい、絶対に遅れてはいけない案件のときに、遅れてしまうのではないかと思われてしまい、信用されなくなってしまうでしょう。

それで「大事な仕事」を失うことも考えられるでしょう。

今すぐ、先読みをして時間管理をしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました