過去の失敗が自信をなくしている

Pocket

こんにちは、テックです。

計画を立てることにより、息苦しさを感じる。

その原因は、立てた計画を忠実に実行しようとして計画通り実行できなかった経験があるからではないでしょうか?

その過去をもとにまた計画通り行かないだろうとどこかで思ってしまっている。

過去の失敗体験で自信がなくなってしまっているのです。

これも完璧主義です。

対策は、脳を騙すことです。

最初から失敗するような計画を立てるのではなく、確実に成功しそうな計画を立てて、成功体験を繰り返します。

すると、自信がついてきて次第に脳が騙されるのです。

息苦しさを感じるのは計画のせいではありません。

自信をなくしてしまっている、自分で決めた計画なのに時間が拘束されてしまっていると考えてしまっている脳が原因なのです。

もちろん、脳は現状維持を望みますので、慣れるまで苦しいでしょう。それは、何をするのでも同じです。

現状維持を突破するには、最低1ヶ月ほど嫌でも継続するしかありません。

この感覚は、初めて就職、転職をして新しい環境になれるまで、仕事ができるようになるまでの感覚と同じです。

職場で継続できていたのは、自分のことを管理してくれる人がいたからです。サラリーマンは皆、他人に自分を管理してもらっています。

自信をつけて改善するのが一番ですが、人の感情は日によって変化します。

感情に左右されていては、毎日計画を建てるなんてことはできませんので、左右されない仕組みを作るのがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました