集中できる環境作りについて

Pocket

こんにちは、テックです。

今回は、集中できる環境を作るために私がやっていることをご紹介します。

なぜ、集中力が途切れてしまうのか、この理由は二点に絞られると考えています。

1つ目は、「集中力が削がれるものや原因がある」

2つ目は、「集中する時間を決めていない。長時間、集中しようとしてしまっている」

今日は1つ目を解説し、次回に二つ目を解説します。

集中力が削がれるもの、これはスマホです。

あなたは、スマホの通知が来てないか気になって、頻繁にスマホを見てしまってはいませんか?

また、通知が来たからすぐ返信したり、電話がかかってきたから電話に出たりしていませんか?

スマホの通知や電話は予測不可能なことです。いつどの時間に入るか事前にわかりません。

ここに気を使っていると集中はできないでしょう。

私の場合は、仕事時間以外はすべて「おやすみモード」になっています。

自分からスマホの通知を見に行かなければ、通話があったのか通知があったのかは一切分かりません。

また、「おやすみモード」を外した後でも、通知が来る量は制限しており、おやすみモード時とほぼ変わりません。

また、電話は一番時間が取られてしまうものなので、かかってこない仕組みを作る必要があります。

電話番号はあまり人に教えない方がいいと思います。基本的に連絡はメールやLINEの文字でのやり取りがいいでしょう。

LINEの場合は通知を切ってしまえば、着信はありませんが、電話だとそうはいきません。

androidの場合は機内モードにするしかない機種もあり、電話をオフにした状態でネットは使えません。

相手が忙しくしているかもしれないのに、いきなり電話をかけてしまうということは、相手の作業を中断しまい、非常に迷惑をかけてしまいます。

これは、お互いのことも考えて、電話かけても大丈夫かなど確認しあえる仲であればいいですが、電話をする相手がそういう仲の人ばかりではないと思うので、「スマホは電話として使っていない」ということを予め相手に伝えてから、教える、もしくは教えないなど考えたほうがいいでしょう。

電話の時間は本当に時間泥棒です。

仕事関係でも、あとあとトラブルにならないように、この時間は連絡つかない等、相手に伝えておくといいでしょう。反対にかかってきた電話や連絡を毎回すぐに取るようにしていると、相手から「いつでも連絡がつく人」と思われてしまい、結局自分が集中できる時間をなくしてしまいます。

お互いのことを考えると、メールやLINEがベストな選択肢であり、すぐに連絡や返事を相手にも自分にも求めないことが一番ではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました