プライム会員になら絶対に作るべき!!「Amazonゴールドカード」

金融
スポンサーリンク
Pocket

皆さん、Amazonプライム会員には加入されていますか?

Amazonプライム会員になると、配送料が無料になったり、プライムビデオ、プライムミュージック、プライムフォト、そして、プライム会員限定価格での商品の購入が可能になり、非常にお得です。

Amazonをたまにしか使わないという方は、配送料無料のため、月額500円を一ヶ月だけ利用するという方法もあるでしょう。

しかし、継続的に毎月amazonで買い物をする、プライムフォトで写真無制限アップロードを利用するとなってくると、年間払いの方がお得になります。

しかし、これよりもさらに安くする方法があるのです。

 

それが「Amazonゴールドカード」になります。

Amazonプライム会員の機能+クレジットカードの特典が使えるようになります。

しかし、年会費11,000円(税込み)が発生します。

ここで、プライム会費より高いよ!となりそうですが、

実は、年会費割引特典を使えば、二年目以降年間4400円(一年目のみ年間5500円)の支払いでこのプライム特典とゴールドカード特典の両方を手に入れることができるんです。

■ 年会費割引特典

通常11,000円(税込み)の年会費がお申し込み時に「マイ・ペイすリボ」にご登録で初年度年会費を5,500円(税込み)割引き。
「マイ・ペイすリボ」にご登録があり前年度に1回以上のカードご利用があれば2年目も以降の年会費も5,500円(税込)引き。
「カードご利用代金WEB明細書サービスをご利用し、過去1年間に6回以上のご請求回数がある場合は年会費を1,100円(税込み)割引。

上記、公式ページからの引用になりますが、

「マイ・ペイすリボ」と「カードご利用代金WEB明細書サービス」の加入を行えば、一年目は、通常のプライム会費より1000円ほど高くなってしまいますが、二年目以降から確実にプライム会費を払い続けるより、このカードを持ったほうが安くなります。

ただ、このままだと、リボ払いになってしまうので、リボの手数料地獄になってしまいます。

リボルビング払い - Wikipedia

そこで、リボ払いのまま、一括払いにする方法を説明します。

リボ払いの仕組みとしては、簡単に言うと、自分で最低の支払い料金を決めて、それ以上の請求が来たら、翌月の請求に回すということです。

実際の請求だけでなく、これにリボの手数料が上乗せされるところが恐ろしいところで、低い金額を設定しているといつまでたっても支払いが終わりません。

初期設定では、これが3000円とか、5000円とかになってます。

もしこの設定で毎月10万円ぐらいの請求が来ていて、それが毎回翌月に回る、そして、翌月でも引ききれないから更に翌月に回るという地獄の始まりです。

そこで、この設定を、自分の利用可能枠と同じにしてしまえばいいのです。

例えば、利用可能枠が100万円の人は、3000円から100万円にします。

すると、最低支払額と利用可能枠が同一になるので、実質一括払いになり、リボ手数料が発生しないという仕組みです。

このカードは、三井住友カード発行なので、Vpassから変更するかコールセンターに電話すれば、この手続きはできます。

三井住友カード会員向けサービス「Vpass」ログイン
三井住友カード会員向けインターネットサービス「Vpass」のログインページになります。WEB上より、ご利用明細・ご利用可能額のご確認・カード登録内容の変更などのお手続きをご利用頂けます。安心と信頼のクレジットカードなら三井住友VISAカード。

コメント

タイトルとURLをコピーしました