【ネットワーク環境】スイッチングハブについて

自作パソコン
スポンサーリンク
Pocket

Amazon | TP-Link ハブ アンマネージプロスイッチ 5ポート TL-SG105E 10/100/1000Mbps ギガビット 管理機能付 無償 | TP-LINK | スイッチングハブ 通販
TP-Link ハブ アンマネージプロスイッチ 5ポート TL-SG105E 10/100/1000Mbps ギガビット 管理機能付 無償がスイッチングハブストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

スイッチングハブには、ネットワーク分離機能がついているものとついていないものがあります。

通常、LAN内であれば、他のPCのデータを引っ張ってきたりなど共有ができるようになっています。

しかし、LAN内であっても、他のPCからアクセスできないようにしたい、部署ごとにアクセスできるLANを分けたいというときに、ネットワーク分離機能というものが必要になってきます。

法人向けの業務用ルーターにはついている機能ですが、個人向けルーターに搭載しているものはありません。

そのため、Tp-linkやnetgearから販売されている、アンマネージプロスイッチとかかれたスイッチングハブを購入し、ルーターとPCの間に挟んでやると、この機能が使えるようになります。

Tp-linkの場合、型番の後ろにEがついてないものは、この機能がついていないので、安くても絶対に購入しないようにしましょう。

この機能の正式名称は、VLANです。設定画面でも、VLANとかかれたところから、どのポートとどのポートを同じLAN環境にするのか選んで設定していくことになります。設定しなければ、初期設定ではすべてのポートが同じLAN環境になります。

ちなみにこちらのスイッチングハブもamazonブラックフライデーで安くなっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました